So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

検査忌避容疑、振興銀を捜索 切れた“中小企業の頼みの綱”(産経新聞)

 資金繰りに悩む中小企業にとって「頼みの綱」だった日本振興銀行に捜査のメスが入った。時代の寵児(ちょうじ)、木村剛氏らが「金融維新」を掲げて立ち上げた銀行が、なぜ違法行為を告発されることになったのか−。そこには中小企業に対する融資システムの限界を指摘する声もある。

 振興銀の最大の特徴は「無担保」「第三者保証不要」の融資。金融庁の顧問などを務めた木村氏らの「従来とは違ったカルチャーを持った銀行が参入することで、金融業界が活性化できれば…」との理念が下地となった。

 木村氏は、東大、日銀をへてコンサルタントとして独立。平成14年には当時の竹中平蔵金融相の金融分野緊急対応戦略プロジェクトチームのメンバーとなるなど、華々しい経歴を持つ。

 振興銀の設立は16年。大手行の不良債権処理の影響で、中小企業が貸し渋り、貸しはがしに苦しめられていた時期にあたる。振興銀が打ち出した貸出金利は大手行より高いものの商工ローンより低い、年3〜15%。中小企業にとり「のどから手が出るほど欲しい当座資金」(会社経営者)の供給源となった。17年1月の社長就任会見で木村氏は「市場があることは確信できた。貸し出しのピッチも上がっている」と順調な立ち上がりを強調していた。

 しかし、既存の大手行からは「融資審査や債権回収のノウハウがない」と先行きを危ぶむ声は多く、その懸念は後に現実となった。

 長引く景気低迷に、貸出先の中小企業の経営環境は急速に悪化し、融資が焦げ付く可能性が出てきた。そのため金融庁の検査で、100億円にのぼる引き当て不足を指摘されたという。

 傾いていく経営を立て直そうと、違法性のある不透明な取引に手を突っ込んでいったことが、家宅捜索容疑となった検査忌避を行わざるをえない一因となったとみられる。同じく中小企業への融資を目的に、東京都が16年に立ち上げた「新銀行東京」も苦しい経営が続いている。

 金融問題に詳しいジャーナリストの東谷暁氏は「中小企業の情報は乏しい。貸す側は足を運んで審査すべきなのに、職員が少ない銀行はそれを怠ってしまう。中小企業の現実を知らずに貸した結果ではないか」と指摘。経済評論家の山崎元氏も「著名な評論家だった木村氏は、経営でも成功してみせなければと思うあまり、高潔な志を掲げたが、誤解を受けそうな強引な手法で業容を拡大させていった印象だ。辞任したといっても木村氏には道義的な責任があり、ありのままを説明すべきだ」と話している。

看護系37学会などが特定看護師で協議(医療介護CBニュース)
<故・三沢光晴さん>ケータイ日記が本に 香山リカさん企画(毎日新聞)
首相、在任中は靖国参拝せず(産経新聞)
<日本科学未来館>12日から「ドラえもんの科学みらい展」(毎日新聞)
梅雨まだぁ?農家やきもき、ビアガーデン笑顔 きょう「入梅」(産経新聞)

<不審火>神戸市垂水区の中学校で壁や天井焼く 火の気なし(毎日新聞)

 4日午前4時40分ごろ、神戸市垂水区桃山台4の市立桃山台中学校の校舎から出火。鉄筋(一部木造)4階建ての2階の教室で木製棚(高さ1メートル)や壁、天井など計約35平方メートルを焼き、午前6時すぎに消えた。火の気はなく、兵庫県警垂水署は不審火とみて調べている。

 同署によると、焼けたのは3年生の教室。棚の中心付近から出火したとみられるという。2〜4階の廊下や教室の窓ガラス20〜30枚も割られていた。同校は3日午後9時半以降は無人で、校舎1階の数カ所の入り口が無施錠だったという。

 先月21日にも同校校舎の窓ガラス9枚が割られているのが見つかった。【金森崇之】

【関連ニュース】
ドン・キ放火:従業員遺族の請求棄却…消防職員に過失なし
放火:自宅に火をつけた83歳の男逮捕 北海道・旭川
鴻臚館跡事務所火災:連続放火の疑い 付近で5件の不審火
放火:銀行にガソリンまきライターで火、男逮捕 山形
ドン・キホーテ放火:損賠訴訟 従業員遺族の請求棄却−−さいたま地裁

自称NPO法人「あけぼのの会」代表自身も生活保護で転居 制度悪用か(産経新聞)
前原氏も出馬せず菅氏支持(産経新聞)
<遊具事故>4歳児、チェーンに挟んで指切断…北海道・三笠(毎日新聞)
特定専門看護師、「あくまで検討を承認」―看護系大学協・中山会長(医療介護CBニュース)
「あーん」虫歯予防デー、カバも歯磨き 和歌山(産経新聞)

経産省、5事業を廃止=省庁版仕分け2日目(時事通信)

 経済産業省は27日、省庁版の事業仕分け「行政事業レビュー」2日目の作業で9事業を取り上げた。天然ガス・LPガス自動車を購入した企業や個人への補助金支給など、5事業を「廃止」と結論付けた。
 自動車購入補助のほか、公的機関の入札情報に関するポータル(玄関)サイトの運営補助をはじめ、全国中小企業団体中央会を通じた補助金支給3事業などを廃止とした。5事業の事業費総額は2009年度予算ベースで約24億円。
 また、燃料電池自動車の実用化に向けたデータ収集・分析など、残る4事業を「抜本的に改善」するよう求めた。 

【関連ニュース】
参院選への不安相次ぐ=普天間迷走が要因
初日の経産省、6事業廃止=府省版仕分けスタート
事業仕分けの結果(25日)
「安価、便利なサービスを」=裁判関連でも仕分け
傍聴者4870人、5割増=事業仕分け

スパイダーマン姿で強盗=牛丼店で3万円奪う―水戸(時事通信)
宮崎の10市町、ワクチン接種を受け入れ(読売新聞)
野口健さん 遺骨収集NPO退会 週刊誌報道めぐる考え方に違い(産経新聞)
真夏日 東京都心で30.9度 7月下旬並みの暑さに(毎日新聞)
東京都監察医務院、解剖遺体に器具置き忘れ 火葬で発見、謝罪(産経新聞)

不同意堕胎 立証難しい事件、女性の物証カギ(産経新聞)

 人を救うはずの医師はその知識と立場を、自らの保身のために利用し胎児の命を奪ったのか。不同意堕胎容疑で逮捕された小林達之助容疑者の周囲には驚きと怒りが広がった。同容疑は立証が困難とされ、摘発例が極めて少ない。捜査は難航も予想されるが、捜査幹部は「女性が残した“物証”が今後の捜査の鍵を握る」と自信をみせる。

 小林容疑者は平成13年に東海大医学部を卒業。16年5月から、東京慈恵会医科大学付属病院に勤務し同大の腫瘍(しゅよう)・血液内科の助教に。血液学を学ぶため、昨年9月から金沢大付属病院に出向していた。

 「勤務態度はまじめで患者からの評判もよかった」(金沢大付属病院)といい、別の病院関係者も「このままいけば患者さんに人気の先生になっていたかも」と話す。

 だが、私生活では違った一面も浮かび上がる。小林容疑者は女性が自宅トイレで流産した際も一緒に部屋におり、流産後も「既婚」であることを隠したまま、交際を続けた。小林容疑者が結婚していたことを知り、女性が昨年12月、警視庁に相談し事件が発覚した。

 警察庁によると、平成10年以降、未遂と致死傷を含む不同意堕胎罪で摘発されたケースはわずかに5件しかない。女性の供述に頼らざるを得ないため、水掛け論になりかねないからだ。

 今後の捜査では“密室”で行われた犯行をどこまで立証できるかも焦点となる。医療問題に詳しい御器谷(みきや)修弁護士は「投与された薬剤や点滴と、流産の因果関係を容疑者がどれだけ認識していたかの立証が重要になってくる」と指摘する。

 こうした中、警視庁が“切り札”としているのが、女性が保管していた子宮収縮剤の錠剤や点滴で使用した薬剤のパックだ。女性は流産後に診察を受けた病院で処方された薬が、小林容疑者から渡されたものと同じだったため、不審に思って捨てないでいた。さらに、流産した胎児も保管していたという。

 警視庁では、胎児の鑑定を進めており、子宮収縮剤投与との因果関係の解明を進めている。

【関連記事】
「命を扱う医師が…」「愚かだ」 不同意堕胎容疑の小林容疑者に憤りの声
交際女性に点滴し堕胎 容疑の医師を逮捕 警視庁
不同意堕胎で医師逮捕へ 交際相手に投薬疑い 警視庁
男児出産祈願は昔の話、韓国の適齢期世代に“男余り”現象
韓国で「中絶論争」 女性の権利VS胎児の権利
中国が優等生路線に?

東国原知事、口蹄疫拡大で「非常事態宣言」(読売新聞)
<電動立ち乗り二輪車>「セグウェイ」で東京湾岸を散歩(毎日新聞)
生きる 心癒やす弦の音色 川畠さん演奏会(毎日新聞)
「番組介入しない」原口総務相、電監審強化で(読売新聞)
未明に住宅火災、焼け跡から遺体(読売新聞)

不機嫌そうな小沢氏、無言で国会入り(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が小沢氏に任意で事情聴取する方針を固めたが、小沢氏は12日午後、日程通り国会内の幹事長室に姿を見せた。

 小沢氏は、日系米国人団体の表敬訪問を受けるため国会入り。記者団が「事情聴取の要請を受けるのか」と質問すると、小沢氏は不機嫌そうに右手で払いのけるようなしぐさを見せながら、無言で通り抜けた。

【関連記事】
小沢氏を3回目の聴取へ 東京地検特捜部
参院選、先送りも 「政治とカネ」終盤国会にズシリ…
小沢氏と亀井氏会談 過半数割れなら野党とのパーシャル連合も
ポスト鳩山、水面下で“蠢動”次は「小沢」の仰天憶測も
民主・横粂氏、「小鳩体制」にノー!
少子化を止めろ!

ヘリ部隊受け入れ拒否、徳之島3町長が方針確認(読売新聞)
雑記帳 双子のヤギ「りょうま」と「おとめ」 め〜コンビ(毎日新聞)
横須賀の男性遺体、殺人と断定 捜査本部設置(産経新聞)
普天間質問スルー、株価下落「大変心配」…首相(読売新聞)
【風】産む幸せ、産まない選択(産経新聞)

<皇太子さま>平城宮跡に復元された大極殿を視察(毎日新聞)

 皇太子さまは22日、奈良市を訪れ、平城宮跡に復元した第一次大極殿(だいごくでん)を視察した。大極殿は、奈良時代に天皇の即位など国家的な儀礼が行われた平城宮の中核的建物。平城遷都1300年に当たる今年を目標に01年から復元工事が進められてきた。完成記念式典は23日に予定されている。

 皇太子さまは大極殿の内部を歩き、儀式の際に天皇が座った高御座(たかみくら)などの説明を受けた。また、平城宮跡の解説をするボランティアらに声をかけてねぎらった。

「対象限定を」「すべてで」ライター規制で火花(読売新聞)
元専務、起訴内容認める=近未来通信投資詐欺−東京地裁(時事通信)
<年金記録>9月以降、29カ所で照合 計画概要明らかに(毎日新聞)
財源捻出は期待薄=事業「廃止」、小粒が大半−事業仕分け第2弾(時事通信)
国会審議踏まえ判断=高速新料金見直しで−鳩山首相(時事通信)

ホワイトビーチ案断念=普天間移設、徳之島が軸に−政府(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で政府は12日、最終的な移設先として検討していた米軍ホワイトビーチ(うるま市)沖合を埋め立てる案を断念する方針を固めた。政府・与党関係者が明らかにした。今後は鹿児島県徳之島への訓練移設と、キャンプ・シュワブ陸上部(沖縄県名護市など)にヘリ離着陸帯を建設する案を組み合わせ、米側との本格交渉に入りたい考えだ。
 政府は当初、徳之島への訓練移転を進めつつ、当面はシュワブ陸上部に、最終的にはホワイトビーチにある勝連半島沖合を埋め立てた人工島に、二段階で移設することを検討していた。
 しかし、ホワイトビーチ案に対しては社民・国民新両党が反対しているほか、地元の議会や漁協の同意を取りつける見通しが立っていない。このため、実現は難しいと判断した。これに関し、与党幹部は12日、「そもそもホワイトビーチ案は一から無理だった」と指摘。政府関係者は「遠い将来の話で、今は徳之島が軸だ」と語った。
 ただ、シュワブ陸上部への移設には、名護市議会が全会一致で反対を議決。徳之島でも訓練移転への反発は強まっており、鳩山由紀夫首相が目指す5月末までの決着は、厳しさを増している。 

【関連ニュース】
政府・民主党、支持率続落に広がる危機感=首相「踏ん張りどころ」
米軍再編「多少の遅れも」=実務者協議、米に働き掛けへ
「米国に過剰に遠慮」=普天間移設、政府を批判
新高速料金「支離滅裂」=共産・市田氏
鳩山首相、核不拡散で貢献策表明へ=核安保サミット

仙谷戦略相、消費税増税の凍結解除求める(読売新聞)
首相が普天間問題「5月決着」を改めて表明(産経新聞)
高齢ドライバーらの専用駐車区間、全国に362か所―警察庁(医療介護CBニュース)
1億円の無償資金協力を政府決定 中国地震(産経新聞)
<大麻解雇訴訟>元露鵬と元白露山の請求棄却…東京地裁(毎日新聞)

サル逃げた東山動物園改修「元気な姿見に来て」(読売新聞)

 東山動物園(名古屋市千種区)は8日、昨年10月の引っ越し作業中にサルが逃げ出した新ニホンザル舎の改修が完了し、13日から一般公開を始めると発表した。

 一般公開は当初、昨年10月の予定だったが、引っ越し時に雌のサル1匹が新獣舎内の擬木(6メートル)から4メートル離れた塀(高さ4メートル)を越えて外に飛び出すトラブルが発生し、逃げたサルは5日後に見つかった。

 今回の改修では、サルが逃げるのを防ぐため、塀を1・5〜2メートル高くしたほか、鉄塔から飛び出すときに踏み切りにくいよう、塔の表面に突起を施すなどした。

 同園の大島正昭・指導衛生係長は「大変お待たせをしました。広い運動場で元気に動き回るサルを、ぜひ見に来てください」と呼びかけた。

<沖縄返還文書訴訟>岡田外相「控訴の可能性」(毎日新聞)
川端文科相「小学校の管理体制に不備」 鹿児島の小3男児転落事故 (産経新聞)
<掘り出しニュース>カメ甲羅干し…前へ〜ならえ(毎日新聞)
<新党>議員5人確保にめど 中川氏が自民離党届(毎日新聞)
橋下知事「トップの僕らの責任で、事務方に申し訳ない」 関西3空港懇談会(産経新聞)

<紛失>筋弛緩剤10ミリグラム入りの瓶 大阪の市立病院(毎日新聞)

 大阪市は5日、市立総合医療センター(同市都島区)で手術の麻酔時に使用する筋弛緩(しかん)剤の粉末10ミリグラム入りの瓶1本を紛失したと発表した。静脈内に注射すると成人1人が死亡する危険がある量だという。筋弛緩剤は薬事法で毒薬に指定されている。外部に流出した可能性があり、市は大阪府警都島署に届け出た。

 市病院局によると、2日午後2時半ごろ、担当看護師が手術室で紛失に気付いた。1日夕に保管室から出庫して施錠されたカートに入れたことは薬剤師2人が確認している。カートが手術準備室で開錠された2日朝以降、紛失したとみられる。

 手術準備室や手術室のあるフロアはIDカードを持つ病院関係者しか入ることはできず、フロア内やゴミ箱を捜索したが見つからなかった。同局は盗難の可能性もあるとして、調査している。【小林慎】

中古携帯の利用者に相次ぐ“災難”、訴訟発展も(読売新聞)
<外交青書>安全保障は日米機軸…東アジア共同体に含めず(毎日新聞)
<発砲>西部ガス役員宅近くの路上に数個の薬きょう 福岡(毎日新聞)
<訃報>小山千鶴子さん98歳=小山勇中日新聞社顧問の母(毎日新聞)
興南指笛♪応援に味 甲子園アルプス「画一化」の中…(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。